千駄木駅 徒歩1分/完全予約制/土日祝営業/女性セラピスト

脊柱管狭窄症


硬くなった筋肉・筋膜こそが
その痛み・しびれの原因かもしれません
【トリガーポイント・筋膜アプローチ専門】の
当院の施術をぜひ一度お試しください


「腰痛」や「首の痛み」は来院される多くの患者さまが訴えられる症状で、
症状の悪化に伴い、脚や腕、手足などにしびれが出てしまっている方も少なくありません。

そして、これらの症状を訴える方の中には
脊柱管狭窄症の診断歴をお持ちの方も非常に多く、
お話を伺うたびに、いつもやりきれない思いを感じます。

なぜなら、皆さん一様に
腰や首が痛いのも、しびれがあるのも、
「自分が脊柱管狭窄症だからなんだ」
「脊柱管狭窄症が原因なんだ」
と信じて疑っておられないからです。

このページを読んでいただくことで
脊柱管狭窄症と診断され、長く痛み、しびれでお悩みの方に
原因は他のところにあるという可能性を知っていただき、

『脊柱管狭窄症=重症』
『脊柱管狭窄症=強い痛みやしびれの原因』

というのは本当なのかを疑うきっかけにしていただきたいと思います。

痛みの本当の原因

結論から先にお伝えします。

痛み・しびれの原因のほとんどは、
【筋筋膜にできたトリガーポイント】
です。

脊柱管狭窄症と診断されていても、
硬くなってしまった筋筋膜を緩めることで、症状が改善する可能性は十分にあります。

『脊柱管狭窄症=強い痛みやしびれの原因』
『脊柱管狭窄症で神経が圧迫されて痛い』

このような考えはため息が出るほど一般に浸透していて、
それらに客観的根拠がないことをご理解いただくのはとても大変です。

でも、事実、脊柱管狭窄症と診断され当院に来院された方々も、筋筋膜を効果的に緩めることで
痛み、しびれが改善されています。

当院の施術についてはこちら⇒<施術について>

脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因であるという根拠がないと言える理由については、
もう少し先まで読んでみてください。

脊柱管狭窄症は本当に痛みの原因なのか?

まずは、このデータを見てください。
 

【腰痛のない人に見られる椎間板の異常の確率】
出典:Vlovo賞受賞論文 (Boos N et al,Eur Spine J,1995)

 
このグラフは、<腰痛のない人>に見られるヘルニアと椎間板変性の比率を示しています。

腰痛のない人でも76%にヘルニアが、85%に椎間板変性が発見されます。

腰痛がある人と比べてもその比率は変わりません。

腰痛があってもなくても、レントゲンやMRIを撮れば【ヘルニア】や【脊柱管狭窄症】が見つかるということは、別に珍しいことではないということです。

逆に、
しょっちゅうギックリ腰を繰り返すようなひどい腰痛だけれども、
「骨に異常はないと言われた」という方もたくさんおられますし、
そこに因果関係は見て取れません。

アメリカの研究では、腰椎のMRI画像で椎間板などの変性所見を見て、患者の病識が強まったという報告もあり、診断によりいたずらに恐怖心が煽られ、心因的なストレスから症状が悪化してしまうリスクも否定できません。

たなか

『神経を圧迫して痛い』は本当か

そもそも、本当に「神経が圧迫されて」痛いのでしょうか?

<痛みを感じる仕組み>について簡単にご説明します。

ケガをすると痛みを感じます。
ケガをして傷ついた細胞にとってはまさに<ピンチ>な状況ですから、
このピンチを脳に知らせなくてはいけません。

ピンチを知らせるため、
傷ついた細胞では【痛み物質】が生成されます。

その物質による刺激を
神経の先端にある【痛みセンサー】(受容器)がキャッチし、
微弱な【電気信号】として神経、脊柱等を通じて脳に送られ、
脳は「痛み」を感じます。

ケガをしている部分が痛いのですが、
正確には痛いと感じているのは「脳」であって、
脳に痛み信号が送られない限りは、「痛い」とは感じません。

正常に痛み信号が送られている状況を、テレビの映像に例えるとすれば、

痛みのメカニズム1

 
テレビに映像が映る = 痛みを感じるということになります。

一方、神経が圧迫や損傷を受けるなどしていたらどうなるでしょうか?

 
映像は映らない = 痛みは感じない ということになるはずです。

『神経が圧迫されて』痛みが生じている、というのは生理学的には矛盾しています。

神経自体には痛みセンサー(受容器)はなく、神経自体が痛みを起こすということはありえません。
つまり、

『脊柱管狭窄症で神経が圧迫されて痛みが出ている』

と言える生理学的な根拠はないということなんです。

ぜひ当院の施術を受けてみてください

再度お伝えしますが、
痛み・しびれの原因のほとんどは、
【筋筋膜にできたトリガーポイント】
で、
脊柱管狭窄症と診断され当院に来院された方々も、筋筋膜を効果的に緩めることで
痛み、しびれが改善されています。

手術を検討しておられる方、もう改善しないとあきらめている方、
絶対に一度は筋筋膜のトラブルが症状の原因であるという可能性を探って見られるべきです。

些細なご質問、ご相談だけでもけっこうです
辛い症状でお悩みの方、ご連絡ください
些細なご質問、ご相談だけでもけっこうです
辛い症状でお悩みの方、ご連絡ください
お電話でのお問合せ